発毛を促進させる物質「IGF-1」ってなに?

発毛を促進させるIGF-1ってなに?

「IGF-1」という名前を聞いたことがありますか?


私自身も髪の毛の勉強を始めて知った名称です。

IGF-1という物質は、血流を増加させ、髪の成長にはなくてならない物質なのです。


体内でこのIGF-1を増やすことで、発毛は促進され、髪質も良くなってきます。

ただ、このIGF-1は思春期がピークでそれ以降は徐々に減っていき、50代ではほとんど分泌がなくなってしまいます。

しかし、研究の結果、人間の知覚神経を刺激すれば、IGF-1が増えることが明らかになったのです。


知覚神経とは、人間の体にはどこでもある、熱さや痛みを感じる神経です。皮膚、消化器官など張り巡らされています。


IGF-1を増やすことは髪の毛の発毛ばかりではなく、肌、シワ、たるみなども改善され、視力、歯、老化防止など様々な効果をもたらします。

IGF-1は大人になれば分泌が止まり、食事やサプリメントなどで補給していかなければなりません。

 

IGF-1を増やすためにはどうすればいいの?

発毛を促進させる物質「IGF-1」ってなに?

IGF-1は体中にある知覚神経を刺激すれば体内に放出されます。では何で刺激すればよいのでしょうか?

 

それは「カプサイシン」という唐辛子に含まれている物質です。

 

 

このカプサイシンが知覚神経を刺激するとCGRPという物質が放出され、毛根を含む全身の細胞でIGF-1を増やします。

 

 

 

発毛を促進させる物質「IGF-1」ってなに?

もう一つ重要なのが「イソフラボン」という大豆に含まれている物質です。

これはカプサイシンの働きを助けてくれます。

 

 

 

 

トウガラシと大豆を同時に食べる事で体内にIGF-1を効率よく増やすことが出来るんです!

 

発毛を促進させる物質「IGF-1」ってなに?

一体どれ位食べればいいの?

トウガラシと大豆を一緒に食べるとIFG-1が摂取できると分かりましたが、その量はどれ位必要なのでしょうか?


その量は、ティースプーン1杯を1日2回と納豆2パックです!

 

これを読んでる人で余裕と思った方は是非チャレンジして頂きたいと思います。

 

私も試したのですが、1週間しか持ちませんでした。納豆はともかく、トウガラシ、スプーン1杯が耐えられなかったんです。そこで選んだのがサプリメントからカプサイシンとイソフラボンを摂取するということでした。

 

選んだのがこちら↓↓↓↓


 

「ダブルインパクト」というサプリメントです。

このダブルインパクトはIGF-1理論を作られた岡嶋研二博士との共同開発のサプリメントです。


最初は、胃の中で「カーッ」という感覚があるんですが、次第に慣れていきます。

そうですね、4ヶ月位で効果がでてきましたよ。皆さんもトウガラシ無理って言う人は試されてください!

 

→私のオススメ育毛剤です。