遅ればせながら行ってきた頭皮と髪の紫外線対策

遅ればせながら行ってきた頭皮と髪の紫外線対策

(人気記事) 薄毛を何とかしたい方へ!管理人が実践した薄毛対策!


(注目記事) シャンプー選びが大切です!正しいシャンプーの選び方!


遅ればせながら行ってきた頭皮と髪の紫外線対策


原因は沢山ありますが、1番の原因は紫外線対策を怠ったことだった。


37歳で現在は休職中ですが、20代の頃会社勤めをしていた頃に、帽子も被らずに炎天下の中歩き回ったため、頭皮を傷めてしまいました。


髪の分け目周辺の地肌が透けて見えてしまうほど薄毛になり、若くして本当に恥ずかしい思いをしたものです。


不規則な生活、偏った食事など、頭皮トラブルには様々な原因があったと思いますが、1番の原因は紫外線対策を怠ったことだったように思います。


その証拠に、透けて見える地肌は真っ赤に腫れて危険な状態になっていました。通常頭の地肌は白いものですが、日焼けすると真っ赤に腫れてしまうようです。日焼け止めクリームは顔にはしっかり塗っていたものの、頭までには気が回りませんでした。


そして、紫外線によるトラブルは頭皮だけにはとどまらず、髪にも影響を及ぼしました。黒は光を吸収するといいますが、真上からの太陽を一身に浴びた髪は、艶を失ってバサバサになり、1本1本の髪の毛も細くなって薄毛に拍車がかかってしまったのです。


髪にダメージを受けると、髪が抜けやすい状態になると言います。頭皮も髪も全て抜け毛を促進するような状態になってしまったというわけです。


ようやく紫外線対策を始めたが、後悔先に立たず。自分が悔やまれます。


気が付くのが遅くなってしまいましたが、その後は頭皮と髪の紫外線対策にも気を付けるようになりました。まず、紫外線対策用の帽子を購入して、外出時には必ず着用するように努めました。


普通の帽子では紫外線を通してしまうのですが、UVカット機能が付いた帽子なら紫外線を浴びる心配がありません。日傘ももちろん効果的ですが、例えば農作業など手が離せないような作業中だと不便ですのであまり使用していません。


また、紫外線は晴れの日だけのものではでなく、曇りの日でも当たってしまうので、しっかりと紫外線対策をするようにしました。紫外線が強い時間帯というものもあって、午前10時から午後2時の外出は避けるようにするのも、働きながらでは厳しいですができる限り行っていました。


後でこういった情報を仕入れると、本当に紫外線に対して無頓着だった自分が悔やまれますが、致し方ありません。


既にダメージを受けてしまった頭皮や髪の対策も、情報を調べながら行いました。紫外線を受けて脆くなってしまった髪は、シャンプー時に大量の抜け毛を引き起こします。


刺激の強いシャンプー、髪の洗い過ぎはさらに症状を悪化させてしまうので、まずはシャンプーをつけずにぬるま湯で髪を優しく洗ってから、シャンプーを付けて洗うようにしました。


他にも髪に栄養を行き渡らせるように食生活に気を付けたり、髪や頭皮のダメージを補修してくれる睡眠に気を付けたり、と様々な対策を行ったものです。


最近仕入れた情報ですと、抗酸化作用のある食べ物を食べると日焼けをしてしまった頭皮や髪のダメージを抑えてくれるという情報がありました。こういった対策も行っておけば、もっと有効だったかなあ、と思いますがこれからでも遅くありません。色々調べてこれからも紫外線対策を行っていきたいと思います。


(人気記事) 薄毛を何とかしたい方へ!管理人が実践した薄毛対策!


(注目記事) シャンプー選びが大切です!正しいシャンプーの選び方!