脂漏性皮膚炎の体験談2

脂漏性皮膚炎の体験談2


数年前から、毎冬、頭皮のトラブルに悩まされるようになりました。頭皮が全体的に痒く、掻きむしらずにはいられなくなり、かさぶたができるとそれをまた、掻きむしり、症状がどんどん悪化して行きました。特に後頭部のくぼみの部分が酷かったです。


ストレスが原因?環境の変化?


30代前半、メーカー勤務だった頃で、男性の多い職場で強いストレスを感じていたと思います(私は女性です)。30代後半になった現在は、全く別の仕事に就いていますが、一度癖になったせいか、毎年、1月の半ば頃になると毎年、頭皮が痒くなり、かきむしり、かさぶたを剥ぎ、また掻きむしり...という悪循環に陥ります。


診断は脂漏性皮膚炎だった


例年は5月頃、湿度も少し高くなると自然に治るのですが、今年は顔の方まで症状が進出して来て、更に夏の初め頃まで症状が続きましたので、仕方なく病院に行きました。診断は脂漏性皮膚炎とのことで、抗アレルギー薬と、塗り薬を処方されました。食生活が脂っぽいと良くないと聞きました。ジャンクフードが大好きなので、食生活を注意するようになりました。


根本の原因をなくさないと改善しない


以下は個人的な感想ですが、通院しお薬をもらった後は症状が治まります。しかし薬が切れるとまた同じように痒みが起こります。根本の部分が治らないと改善できないと考え、シャンプーをアミノ酸系に変更してみました。使ってすぐに、痒みや痛みが治まりました。まだ使用3か月なので何とも言えないのですが、アミノ酸系のシャンプーで半年継続してみるつもりです。

シャンプーの選び方についてはこちらをご覧ください