脂漏性皮膚炎の体験談

脂漏性湿疹との闘い

(人気記事) 薄毛を何とかしたい方へ!管理人が実践した薄毛対策!

 

(注目記事) シャンプー選びが大切です!正しいシャンプーの選び方!

 

脂漏性皮膚炎の体験談4

 

私は現在、43歳。自営業をしています。頭皮に異常を感じたのは、今から20数年前。その頃は就職活動もうまく行かず、親からの小言や次々に就職が決まって行く周りの友人知人などを見て焦り、言わばストレスに囲まれて生活していた状況にいました。

 

それは最初、ふとした頭皮の痒みから始まりました。日頃から肌が弱いと自覚していたので「新しく買ったシャンプーが合わなかったのか?」と思い、あまり気にする事もありませんでした。

 

それから数日経っても頭皮の痒みは止まらず、そればかりか痒みは増してゆく一方。そして自分の目を疑う現実を目の当たりにします。そう「大量の抜け毛」です。

 

頭を洗っている時はそれほど気付かないのですが、ドライヤーで髪を乾かしている時に、大量の抜け毛が洗面台に散っているのに気付きました。

 

鏡に頭皮を映して見てみると、頭皮に赤いニキビの様な物が見えました。それが脂漏性湿疹との闘いの始まりです。

 

あまりの抜け毛の量にびっくりした私は、その週に皮膚科を受診しました。そこで医者から指導を受けたのは「ストレスを溜めない事」「食事のバランスを保つ」「睡眠を摂取する」と一般的な健康指導の内容でした。

 

処方されたのはビタミン薬と頭皮に直接塗る軟膏。ビタミン薬は頭皮を改善し、強くする為だと説明されました。

 

食生活の改善がスタート

 

私は早速、食生活の見直しを始めました。1日に食べている物を紙に書き出します。すると余りにも偏った食生活をしていた事に気付きました。なかでも、甘い物とコーヒー。この2つが1日の中で多く摂取していました。

 

そしてなにより、睡眠時間と就寝時間の不安定さ。毎日、深夜3時頃に寝て7時頃に起きる。時には2時間程しか寝ない時もありました。

 

そして日々の実感するほどのストレス。今考えてみると脂漏性湿疹を患っても仕方のない事かも知れません。

 

これらの生活習慣のズレを治すべく、様々な改善を実践しました。まずは甘い食べ物の制限。ですが我慢すると逆にストレスになる為、低糖質の飴などに切り替えて、どうしても食べたい時は我慢しないようにしました。

 

次にコーヒーです。コーヒーの摂取が頭皮に悪影響を与えるという訳ではないかもしれませんが、私の場合はコーヒーを1日に5〜6杯は飲んでいて、結果的に胃が荒れていました。そこで習慣改善のひとつとして自主的に、コーヒーからお茶へ切り替えました。

 

1週間ほどすると胃荒れの自覚症状もほぼ無くなり、唇の荒れも無くなりました。それから1ヶ月。少しずつですが痒みは改善され、抜け毛も減りました。2ヶ月後には、ほぼ正常な頭皮状態に戻りました。

 

完治したと思ったら再発・・この繰り返し。考え方を変えてみました。

 

ところがです。転職など、ストレスが日常的に続く様になるとまたもや再発。ついつい甘い物に限らず暴飲暴食を重ね、睡眠時間も摂れない日々。ですが、同じ様に食生活などを見直し、市販のビタミンサプリメントを摂取すると改善されます。

 

それから約20年が経ち何度か再発はしましたが、その度に生活習慣を改善して症状とうまく付き合っています。逆に良く考えれば、症状のサインである頭皮の痒みは「日々の生活習慣」を見直すチャンスなのかも知れません。そう思い、これからもうまく脂漏性湿疹と闘うのではなく、寄り添って行きたいと思います。

 

(人気記事) 薄毛を何とかしたい方へ!管理人が実践した薄毛対策!

 

(注目記事) シャンプー選びが大切です!正しいシャンプーの選び方!