発毛に良い食べ物

発毛に良い食べ物

(人気記事) 薄毛を何とかしたい方へ!管理人が実践した薄毛対策!


(注目記事) 発毛促進に絶大な効果あり!? 覚えておきたいスゴいツボ!


発毛に良い食べ物


  • トウガラシと大豆
髪の毛の発毛を促す「IGF-1」は、体の中にある知覚神経を刺激する物質。実はこの刺激に、私たちの髪の毛を増やす作用があるのだとか!知覚神経を刺激する最も有名な物質が「カプサイシン」です。カプサイシンが主成分である唐辛子は、前述の「IGF-1」を増やす食べ物の王様。そして、その作用を助けるのが「イソフラボン」です。言わずと知れた、大豆に含まれる物質ですね。

つまり、トウガラシと大豆は、「IGF-1」を効果的に増やす2大食品ということになります。髪のことでお悩みの方に、ぜひとも注目してほしい食材です。この成分が入った料理といえば、麻婆豆腐やチゲ鍋など。すでにおなじみの、とりいれやすいメニューばかりですので、ぜひトライしてみてください。


  • 玄米
玄米についている米ぬかは、なんと「IGF-1」の効果を高める働きがあります。米ぬかの成分が胃の知覚神経を刺激して「IGF-1」を増やしてくれるのです。玄米といえば、発毛改善以外でも健康に良い事が知られていますね。太りにくい、頭の回転が良くなる、免疫力が上がる、便秘解消など、その効果は目を見張るばかり。さらに髪の毛を増やしてくれるとあれば、これは、トライしない手がありません!普段食べている白米を玄米に変えるだけで、健康にも発毛にも良い影響があるとは嬉しい限り。手軽にできるのでおすすめですよ。



  • サンマやアジなどの青魚

最近魚介類食べていますか? 調理が面倒だという理由から、あまり魚介類を食べなくなったという人をみかけます。でも、昔から魚介類、とくに青魚は、体に良いことが知られていますよね。魚を沢山食べる人の多くは、心筋梗塞や脳血管疾患、悪性腫瘍などの死亡率が、一般の人よりも低いというデータがあります。さらに、魚介類には、「IGF-1」を増やすものが沢山。病気しにくい体になり、頭皮にも良い影響をもたらしてくれる!玄米といい、魚といい、昔ながらのメニューが、体質改善のポイントと言えそうです。

  • わさび、にんにく、しょうが

どれもこれもピリッとした刺激を感じる食材です。これらの感覚を起こさせるものは全て知覚神経を刺激し「IGF-1」を増やす作用があるんです。とくにしょうがは、身体を温め毒素を排出する作用もあるので、積極的に食べておきたいですね。
生姜にレモンとはちみつ、お湯を加えて、自家製ハニージンジャー はいかがでしょうか?簡単に作れて身体もぽかぽか。体質改善、頭皮の改善に役立ちますよ。


  • コーヒー
コーヒーも、毛細血管の拡張や血行を良くすることによって発毛効果があると言われています。といっても、あまり多く飲み過ぎてしまうと、身体を冷やしてしまい逆効果。適度にコントロールしながら、ホットコーヒーを飲むのが良いようです。またコーヒーは、発毛作用の他に様々な報告がなされています。コーヒーを5,6杯飲む人は飲まない人よりも死亡率が10〜15%も低下するそうです。


  • 日本茶
日本茶も知覚神経を刺激して「IGF-1」を増やす作用を持っています。飲用するだけでも効果がありますが、なんと、洗髪のすすぎにお茶を使うと、ぐっとその効果が高まるとか!


まとめ

上記の食材はどれも発毛を促すことができることで知られています。皆さんも是非気軽に取り入れてみてください。ただ、どの食材もそうですが、食べるときには良く噛むこと。
噛むことによって顎やコメカミが動きます。すると、頭皮全体がマッサージされたかのように、血行が促進。毛細血管から毛根に栄養がいきわたり、発毛促進につながるというわけです。頭皮に良い食材をいただきながら、頭皮のマッサージ効果で発毛促進できるなんて、すばらしいとは思いませんか?
特別なことは何もありません。いつもの生活に難なく取り入れられるものばかりですので、ぜひ試してみてくださいね。